ついにOS/2復活か!


「OS/2」が「Blue Lion」として復活へ、その新機能や歴史など–誕生から28年
OS/2技術者といえる程ではないですがOS/2の開発をしていたので懐かしいですね。QBEというクエリ系のソフトでOS/2初のDDEを実装したりしてました。色々面白かったけど開発ソフトとかは処分してしまいました。なにせ開発するOS自体がPCに入らなくなって来ましたからね。
そういえば当時開発は両国でしていましたが、ちょうどオウム真理教の事件があった日にも箱崎へ行ってました。私たちはタクシーで通勤してた(人数多かったので安かった)のですが地下鉄で通勤されてたIBM社員の方には被害を被った方もいたとか。

あの時はOS/2の時代が来ると信じてましたが、あっさりとwindowsにひっくり返されてしまいましたね。当時からwindows XP並の安定性もあり、メインメモリ8M(8Gではなく8M)でも動作する軽さだったんですがねぇ。

いま見てもOS/2の問題点はデザインですね。あとIBMのマニュアルは分厚くてとても読みきれなかったです。

復活するならlinuxとwindowsの中間の位置で何かやるんでしょうかね。またインストールはしてみたいです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です