PLSQL面白い


すっかり仕事で放置しております。
自分のやる気の無さはすごいです。

現在はPLSQLの仕事をしています。インメモリデータベースを構築している自分としてはなかなか面白いテーマです。概ねデータベースは必要なデータを取得したあとに実行計画というのを立てます。データを絞ってからJOINしたほうが有利とか内部で色々考えてから実行するわけですね。ところがソースレビューとかでは、どのインデックスを使うべきか等もレビュー対象となります。性能コンシャスな職場では実行計画を含めて最適化したい訳ですね。
ならば、むしろSQLの内部構造をプログラマに開放した方が色々できるんじゃない?というのが最近のテーマです。特にPLSQLでの関数を実行するSQLは示唆に飛んでいます。
select Function(parameter) from dual
というので関数が1回実行できるのですが、これがOracle10では高速化されているそうです。
まあここらへんはたくさんいるスペシャリストには、今更そんなことをという話だと思いますが、
インメモリデータベースを考えると、その最適化も含めてユーザに開放した方が色々楽しいんじゃないの?と思うところです。
なので現在作成中のサーバサイドのJavaScriptにDB実行関数など諸々関与できるような仕組みを考えています。
その他にもデバッガ等色々ありますが、ここらへんが解決できればローカルで色々DB、ウェブ周りなどを勉強したい人には面白い環境ができるのではないかと思います。
散文で申し訳ないですが、今はこれが精一杯:)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください